北九州市立小倉城庭園

MENU

  1. 小倉城庭園
  2. 企画展
  3. ちりめん本の魅力 ~文章を彩る挿絵~

梅花女子大学図書館コレクション

ちりめん本の魅力 ~文章を彩る挿絵~

 西洋文化の波が押し寄せた明治の頃、長谷川武次郎によってちりめん本は誕生しました。ちりめん本とは、多色刷り木版で挿絵を印刷し、文章の欧文活字を印刷し、その和紙を圧縮してつくった挿絵入りの和装本です。ちりめん布のように柔らかな手触りであったことから「ちりめん本」と呼ばれています。ちりめん本の魅力には文章を補う挿絵もその一つで、当時の人気絵師である小林永濯や鈴木華邨などが手がけました。

 本展では、ちりめん本の挿絵に注目して紹介します。

会期 平成29年9月16日(土)~11月23日(木・祝)
※展示替あり。10/17(火)
主催 北九州市立小倉城庭園
特別協力 梅花女子大学図書館
協力 株式会社 大入
会場 北九州市立小倉城庭園 企画展示室
展示数 ちりめん本(前期)52点(後期)52点

ちりめん本の魅力 ~文章を彩る挿絵~

画像

※画像の無断転載は禁止します

関連行事

ちりめん本にまつわる落語と歌

ちりめん本の題材となっている『ももたろう』や『頭山』の落語、ちりめん本に記載されている楽譜を元に歌を披露します。

演者

川崎亭 好朝&カナリア婦人会

日時

10月15日(日)14:00~15:30(受付時間/30分前)

会場

小倉城庭園 和室

料金

1000円(入館料、聴講料込)

定員

30名

申込

お電話にてお申し込みください。

講演会「ちりめん本」力―惹きつける魅力―

その姿かたち、挿絵や仕掛けなど、さまざまな魅力があるちりめん本…学芸員の視点から、その魅力を探ります。

講師

寺前 公基氏《(財)日本習字教育財団 観峰館 学芸員》

日時

11月11日(土)14:00~15:30(受付時間/30分前)

会場

小倉城庭園 研修室

料金

無料(ただし、入館料が必要です)

定員

30名

申込

お電話にてお申し込みください。

ギャラリートーク

講師

当館担当学芸員

日時

9月30日(土)、10月21日(土)いずれも14:00~14:30

会場

小倉城庭園 企画展示室

料金

入館料のみ

申込

申込不要、開始時間までに企画展示室にお集まりください。

お問い合わせ・お申込み先

北九州市立小倉城庭園
〒803-0813 北九州市小倉北区城内1-2
電話  093-582-2747

企画展

アーカイブ

ページトップヘ

北九州市立 小倉城庭園

〒803-0813 福岡県北九州市小倉北区城内1-2

お問い合わせ・各種お申込みは

TEL 093-582-2747

Copyright © KOKURA CASTLE JAPANESE GARDEN. All Rights Reserved.